» 2014 » 11月のブログ記事

アンダーヘアをエステで脱毛する場合のメリット・デメリットをまとめてみたので、
エステで脱毛をしようかなと考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

<メリット>

・脱毛に関する知識と経験が豊富
脱毛エステサロンのエステティシャンは、脱毛のプロなので、私たちよりも脱毛処理に関する専門知識と経験が豊富です。
そのため、スムーズに処理を行ってくれます。

・カウンセリングで相談ができる
アンダーヘアの処理を行う際、たくさんの心配事がありますよね。
これらは事前のカウンセリングで解消することができます。
また、アンダーヘアの形をどのように残すのか、相談して決めることができます。

<デメリット>

・店や人によって、技術のばらつきがある
エステティシャンになるためには、国家資格など特別な物を必要としません。
なので、最悪の場合、専門知識がない人でもエステティシャンとしてお客さんの前に出ることができます。
中には研修や、技術認定を行っている団体もありますが、各団体ごとに認定基準が違うのが現状です。
そのため、個人の技術にばらつきが出るのです。

・人気のある店は、予約が取りにくい
人気のあるエステサロンは、やはり技術や衛生面がしっかりしているケースが多いです。
また、エステサロンはほとんど個室で施術をするので、1日に施術できる人数が限られてきます。
そのため、都合のいい時間に予約が取れないケースが多々あるのです。
しかし、予約が取りづらい=確かな技術という意味なので、安心はできますね。

このように、エステサロンでアンダーヘアの脱毛を行う際は、メリットとデメリットが存在します。
事前に理解しておかないと、後で後悔をすることになるので、気を付けましょう。

最近ではネットも普及し、評判のいいエステサロン探しが比較的楽になりました。
しかし、いくら評判が良くても、自分にとっては金額が高かったり、想像していたほどの技術でなかった等もあるでしょう。

そのような結果にならないために、体験キャンペーンを利用したり、様々な口コミを読んだりして、信用できるエステサロンを利用するようにしましょう。

医療機関で行う脱毛は、医療行為といっても美容目的なので、費用は保険適用外となり、全額負担となります。

確かにこの医療レーザー脱毛は、エステサロンなどの脱毛と比べると高額ではありますが、
レーザーの照射威力が強いので、脱毛効果が高いのが人気です。

しかし、この強力な照射が原因で、様々なトラブルが起きているのも事実なのです。

まず、レーザーの照射威力が強い分、ヤケドなどの肌トラブルが多いです。

そもそも医療レーザーは、黒い色素に反応して、ムダ毛を処理するようにできています。
なので、色白の人はいいのですが、皮膚がもともと黒い人や日焼けをしている人は、レーザーが間違って肌に反応してしまい、
火傷を起こしたり、肌の色素が抜けてしまうなどの恐れがあります。

また、脱毛箇所にホクロやシミが多い人は、火傷などの肌トラブルが起きる可能性があるため、
医療レーザー脱毛を行ってもらえない場合もあります。

しかし、そのような人が、どうしても医療レーザーで脱毛をしたい場合は、
事前に違う種類のレーザー機器を使用し、ホクロやシミを除去してから、
脱毛を受けるようになります。

それから、現在女性の間で主流となっているVIO脱毛ですが、
この部分はメラニン色素を多く含んでいるため、これらも医療レーザーで行うと火傷する危険性が高まります。

特にVIOの箇所はデリケートゾーンなので、火傷の危険性を冒してまで、医療レーザーを使うのはお勧めできません。

また、医療レーザー脱毛は、休止期の毛に照射しても全く効果がありません。
なので、1度医療レーザー脱毛を行ったら、毛が成長期になるまで待ってから再び脱毛を行う必要があるので、長い時間がかかります。

医療用レーザーは、エステサロンで脱毛を行うよりも効果的だと言われることが多いですが、
その反面、このようなトラブルが多く潜んでいるのです。

口コミを安易に受け取って、医療レーザー脱毛を受けるのではなく、
自分の施術部位にあっているのか、金額はどうなのか等、よく考えてから行うようにしましょう。

Vライン脱毛で形を決める際、オーバル型という名前を目にすることがあります。
オーバル・・・聞きなれない言葉ですよね。

このオーバル型とは、別名たまご型や楕円形とも呼ばれ、
全体的に丸みを帯びたデザインです。

丸みがあるので、女性らしく、可愛らしい印象を与えることができるというメリットがあり、
今Vライン脱毛をする女性の中で人気が高まっています。

このオーバル型は、小さめの下着を着用する女性におすすめの形です。
また、ローライズのパンツを着用する方も、オーバル型なら、
アンダーヘアがはみ出す心配がなく、堂々と履きこなせます。

アンダーヘアをオーバル型にすると、人目が気になるかもしれませんが、
オーバル型はいざしてみると、案外自然に見える形なのです。

また、このオーバル型は、同性からも異性からも好まれる可愛らしいデザインなので、
友達やパートナーに見られても、びっくりされることはないでしょう。

では、このオーバル型にするには、どの脱毛法で行うといいのでしょうか?
それは、ニードル脱毛だといえます。

オーバル型は、アンダーヘアに丸みをもたせることが重要です。
なので、1本1本処理ができるニードル脱毛の方が、キレイなたまご型にデザインできるでしょう。

しかし、ニードル脱毛は、とても痛く、施術時間が長いのがデメリット。

どうしても痛いのが我慢できない!長時間脱毛に時間がかけられない!という女性は、
フラッシュ脱毛で行うのもいいでしょう。

オーバル型は、それほど複雑なデザインではありませんので、アンダーヘアに丸みをもたせる程度のデザインであれば、
フラッシュ脱毛でも充分に施術できるでしょう。

Vライン脱毛も、腕やワキと同様、1度で終了することはありません。
なので、回数を重ねるごとに、アンダーヘアの状態を見ながら、形を整えることができます。

途中で「もうちょっと小さくしたいな」「もうこれくらいの大きさでやめておきたいな」という希望が出れば、
エステティシャンの方に申し出てみましょう。

ニキビに悩む人は多いですよね。
ニキビは油っぽい肌だけでなく、乾燥肌にもできてしまうもの。

今回は、ニキビを作らないために、気を付ける点を3つご紹介します。

ニキビのケアをする際は、クリームや乳液など油分が多い物を使わないことです。
なんと油分はアクネ菌の大好物!

ニキビケアには、水分をたっぷり与えることが大切なんです。
水分を与えることで、毛穴出口の角質が薄くなり、毛穴の詰りが解消されます。
なので、水分に満たされたお肌は、ニキビが出にくいのです。

次に、過度な洗顔をしないことです。

洗顔をしすぎると、逆にお肌は乾燥し、バリア機能が低下していきます。
そうなると、皮膚内からの水分は、蒸発しやすくなってしまい、毛穴も詰まりやすくなります。

最後は、アルコール成分の入った化粧水は使わないことです。

先ほどもお話したように、毛穴が詰まる原因は角質層の水分不足!
アルコール成分の入った化粧水を使うと、アルコール成分が蒸発する時に、水分も奪ってしまうのです。

この3つに気を付けて、ニキビのない綺麗な肌を維持しましょう。

永久脱毛をすると何か副作用があるのではないか?という疑問をお持ちの方も多いと思います。
どこで行っても全くトラブルが起きない!ということはなく、最善の注意を払っていたとしても、予測していない事態と言うのは起きてしまう可能性があると言えます。

永久脱毛にをするにあたって考えられる副作用と言えば、火傷に関する事が多いのではないかと思います。
実際に、施術後肌が赤く腫れたり、ヒリヒリとした痛みがあったりと言う事もあるようですが、たいてい数日から1週間程度で治まる事が多いようです。

しかし、永久脱毛は医療機関でしか行ってはならない事になっているので、例え副作用が起きてしまったとしても医師や看護師がいる為すぐに対応して貰う事ができます。
また、医師だと投薬も可能なので、あまりに痛みが強い場合や気になる場合には申し出て相談してみるのも良いでしょう。

永久脱毛を行う時は、効果や価格だけではなく、副作用についても確認しておきましょう。
また、クリニックや病院を選ぶ際は、副作用についてもしっかり説明してくれるような所を選ぶと安心できますね。

<自宅で簡単脱毛>

| 脱毛 |

脱毛をしたいけれど、金銭的にも時間にも余裕がない人もいますよね。
そんな方には自宅で脱毛グッズを使った簡単脱毛をお勧めします。

今は通販やドラッグストア等で沢山の脱毛グッズが販売されています。
何種類か紹介すると、「脱毛クリーム」「産毛等を絡め取るタオル」「家庭用脱毛器(レーザータイプや、毛抜きタイプ等)」のような物があり、どれも手頃な値段で購入できて、自宅で簡単に脱毛を行うことができます。

これらの脱毛グッズと呼ばれるものは、永久脱毛までには至らなくとも、相性が合えば、比較的長い期間生えてこなかったという効果があるようです。
しかし中には肌トラブルが起きてしまったり、全く効果がなかったりという場合もあります。
「せっかく買ったのに私にはあわなかった」という失敗を防きたい方は、インターネットの口コミや体験談を読んでから購入するといいでしょう。

病院やエステで脱毛を行う前に、まずは「お試し脱毛」としてやってみるのもいいのではないでしょうか?